「やり始めて本当によかった!」

と実に97%の人が満足しているのが、英会話教材EnCube(インキューブ)です!

・アメリカをひとりで旅して、貴重な体験をした

・ネイティブのパートナーを見つけた

・仕事の幅が広がって、収入がアップした

今あげたのは、EnCube(インキューブ)で英語が話せるようになった人たちの話。もちろんほかにも自分の夢を叶えたり、趣味や仕事を充実させたりしている人はたくさんいます。

この記事では、多くの人が感動しているEnCube(インキューブ)のレッスン内容をすべて明らかにしています。

できるかぎりコンパクトにまとめたので、「こういう教材はちょっと……」と思っている人もぜひ最後まで読んでみてください!

EnCubeのイメージ画像
EnCubeのHPを見る

スマホでレッスンする教材EnCube(インキューブ)

スマホでレッスンする教材EnCube(インキューブ)

EnCube(インキューブ)は、スマホでレッスン動画を見ながら英会話を練習する教材です。

実際に何をするのかと言うと、【ネイティブのリアルな発音】を【繰り返し口から出す】だけ。

ノートやペン、分厚い教材は一切使いません。英単語や英文法をただひたすら暗記することもしません。でも間違いなく英会話のスキルは上がります。

EnCube(インキューブ)で上達するためのポイント EnCubeのHPを見る

「伝わる」「理解できる」力が身につく

「伝わる」「理解できる」力が身につく

まずは【ネイティブのリアルな発音】について説明しましょう。

例えば「What do you like to do?(何をするのが好きですか?)」という英文があったとしますね。これを発音するとき、私たちは「ホワット ドゥー ユー ライク トゥー ドゥー?」と言います。

でもネイティブは違うんです。「ワルユー ライ トゥドウ?」と言います。

これが【ネイティブのリアルな発音】です。

・変化したあとの発音を学ぶ

ネイティブはなぜか自分たちの言いやすいように、単語同士をぐちゃっとくっつけてひとまとめにしたり、別の音に変化させたりするんですね。

EnCube(インキューブ)ではこうした変化したあとの発音を、記号で表しながら(リアル発音記号と言います)教えてくれます。ちなみに先程の英文のリアル発音記号は「waRuyu lai’tduw?」となります。

だから「ネイティブに伝わるスピーキング力」「ネイティブの言うことを理解できるリスニング力」が確実に身につくんです!

EnCube(インキューブ)に向いている人はこんな人 EnCubeのHPを見る

実践型授業でレベルアップ

実践型授業でレベルアップ

EnCube(インキューブ)のレッスンは、【ネイティブのリアルな発音】を【繰り返し口から出す】というものです。

この【繰り返し口から出す】というのが重要で、こちらが不十分だとリアルな発音があまり効果を発揮しません。

・言葉は口から出して初めて覚える

なぜかと言うと、人はアウトプットをして初めて新しいことを覚えられるからです。

タイピングが早くなりたいのであれば、早く打てる人の動画を見たりするだけではダメですよね。自分でも実際にタイピングをする、というトレーニングをしなければいけません。

当然リアルな発音で英語を話したいのであれば、リアルな発音で英語を話すトレーニングが必要になってきます。

だからEnCube(インキューブ)のレッスンでは、何度も発音する機会をたくさん用意してくれているんです。

繰り返しアウトプットをすれば、自然にタイピングが早くなるようにスムーズにコミュニケーションが取れるようになっていきますよ。

EnCube(インキューブ)が具体的にどんな授業をしてくれるのかは、「EnCube(インキューブ)のレッスン動画と配信スケジュールについて」で紹介しているので、ぜひこちらも見てください!

EnCubeのHPを見る

まとめ

まとめ

「動画を見て真似すればOK!」と言われるだけだと、「本当にそれで大丈夫なの?」と思いますよね。

ですが今見てきたように、EnCube(インキューブ)は確実にレベルアップするように考え抜かれた教材であるとわかりました。

あなたもEnCube(インキューブ)でネイティブ並の発音を身につけてみてはいかがでしょうか。

EnCubeのイメージ画像
EnCubeのHPを見る